ガン治療におけるフコイダンの効能には期待されており、早急に一般的な医療の分野に用いられることが、望まれている。

代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法
代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法

医療の分野に進出を待たれる、フコイダンの効能

フコイダンというのは、コンブやモズクなどの海藻(褐藻類)のネバネバした成分に多く含まれている、多糖体がいくつも繋がった物質です。

ナマコからも抽出されることもわかっています。
このフコイダンには多岐にわたる病気に効能があるとされ、たとえば糖尿病や高血圧などの生活習慣病の改善や肝機能の向上、花粉症やアトピーなどのアレルギーの抑止、抗菌作用があるとされています。
また現在開発されている「IP細胞」の免疫作用を活性化するとされています。
そして一番注目されているのが、抗ガン作用があることでしょう。ガン治療に使用されることが期待されています。

ガン治療における最大のネックは、抗がん剤使用による副作用の反応でしょう。そのため抗がん剤使用をためらうケースが多々みられます。
しかしフコイダンは、ガン細胞に直接きくのではなく、ガン細胞のまわりの細胞を活性化させ、ガン細胞の拡大、転移をさせず最終的にガン細胞を破壊させる効果があるとされています。
また天然素材による抽出で、大量摂取しないかぎり、体にはほとんど副作用があらわれないとされています。
(一部の病院では、フコイダン療法として早くもとりいれており、ガン治療や生活習慣病の予防に使われています。
)

ただこのフコイダン効能については、現在、一般的な医学的報告が残念ながら、いまだにされておらず、また臨床データもまだ十分とは言えず、さらなる研究をすすめて早急に医療の分野に利用されることが待たれます。

関連情報

Copyright (C)2017代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法.All rights reserved.