健康な細胞を破壊せずに癌細胞だけを破壊するフコイダンは癌の代替治療として医療の現場での研究が進んでいます。

代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法
代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法

フコイダンを医療として活用することが進んでいます。

まず、フコイダンとは何かというと簡単にいうとワカメや昆布など海藻類に多く含まれているネバネバした粘質多糖類の一種です。

納豆のネバネバは違います。
1913年にスウェーデンのキリン博士によって発見され、近年になり日本を中心に様々な研究が進められコレステロール上昇抑制作用がありヌルヌル成分には、アルギン酸やラミニンなどがふくまれていて注目されているものです。

詳しい成分を上げても実際にどうして良いのかは理解しにくいと思いますが食物繊維といえばわかりやすいと思います。
食物繊維をとると腸の掃除をしてくれ便秘などが解消され排便がスムーズになり代謝が上がることにつながるためダイエットにも一役かってくれそうです。

また、アミノ酸などのミネラル成分を豊富に含むため、普段の食生活では摂りにくい栄養素を補給することができます。

医療で注目されているのは癌の治療に役立つということです。

フコイダンにはガン細胞を自殺死させる作用(アポトーシス誘導作用)があるとされ健康な細胞を傷付けることなく癌細胞だけを死滅させることができるのだそうです。

癌治療というと抗がん剤を投与されたりコバルト治療などがありますがこちらの治療については治療を行ったことによっての副作用がかなりきつく吐き気や体調不良などはもちろんアトピーのようになったり髪の毛が抜け落ちてしまったり精神的にもかなりの負担がかかってきます。
実際に親類がこの治療でダメージを受けたのを目にしたときはなんて言葉をかけて良いかわからないほどこちらもショックを受けた経験があります。
そんな苦しい治療ではなくて済むなら本当に助かります。
このフコイダン治療は癌の代替療法として耳にします。
癌で余命数ヶ月と宣告された患者さんが最後の手段としてこのフコイダンの癌代替療法で仕事に戻れるようになるほど回復したなどの例がたくさんあるそうです。

体への副作用については耳にしていませんが物によっては飲み辛い味ということがあるそうですがその場合は何かに混ぜてのむことも可能でそうです。

医療の現場でも日々フコイダンでの治療の研究が進んでいるようですので飲みやすいものもでてくることを期待します。

関連情報

Copyright (C)2017代替治療で注目が集まる フコイダンの活用法.All rights reserved.